キーレスキーカギ折れ修理 足立区

ご覧いただきありがとうございます。
ワタクシ車専門の鍵屋という特性上、常にお仕事があるわけではありません(笑)
なので、いつも車屋さんを中心に強引に押しかけていって(冗談です。)「お仕事ください!!」
と、地道な営業活動をしております。

本日伺った板金修理のお店にご挨拶に伺ったら「この鍵直せる?」三菱のキーレスキー
見せていただきました。
初代EKワゴンなどに使われていた三菱のキーレスはことごとく同じ目に合うように作られています。
根元からプラスチックのケースにヒビが入り果ては気づかぬうちに先っぽがサヨナラしてしまうという
お問い合わせを何度もいただいてます。


今回も例にもれずケースがセロテープで治療されていましたが、そのうち先っぽがサヨナラしてしまうところに鍵屋が
営業に来たというわけです。
こういうご相談はほんとにありがたいことで些細な出来事が大切なお客さんとのおつきあいにつながることを私は知っています。
実際金額を伝えて「・・・高いから今度で」と、言ったお客さんの8割以上が後日「カギがなくなったから作りに来てくれ」
お電話をいただきます。
「だから言ったのに・・・」とは言いませんが早めに対処しておけば余計な費用も掛からないことも知っていただきたいのです。

近年レンタカーでも中古車を貸し出して営業している業者さんもあり、帰ってくると鍵が分離して帰ってくるというようなケースも聞きます。
普通はメーカーに注文してディーラーに持って行って部品代とキーカット代とリモコンの登録費用という形で
分離したリモコン部分はまだ生きているのに一式注文で高くつく場合がほとんどだと思います。
こちらではリモコン部分とイモビライザーが入っていればチップの移設を新しいケースに移すことでかなり費用が抑えらる
ことと、ケースと先端のカギの部分は一体化しているので新たにキーカットをするのですが、元の鍵の山(ギザギザ)の
部分がすり減っていてもコンピューターキーマシンで新車当時の高さに切り直すので車両のシリンダーにも負担を減らして
長持ちさせるというメリットもあります。

仕事をしてる以上利益も大事ですがそこを重きにおいて仕事を続けようとは思っていないので、疑問に感じたことを
こちらに言ってもらえれば他社と比較しても負けないような金額以上の仕事をさせていただきます!!
また、お客様ご自身で対処されるケースにも電話にてアドバイスを行っています
本当に困っている方の力になれるような事業方針のもと、活動してまいります。

お電話は24時間・365日対応。電話見積もり・ご相談は無料です。

お支払いは現金もしくはクレジットカードも使えます。

TEL:080-9874-5069

スマートフォンの方はタップで電話がかけられます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください