70ランドクルーザー復刻版 スペア・キーレス作成 足立区

車の鍵専門店のフレーズ通りに車のカギを作り続ける鍵屋です。
迷惑な飛び込み営業でも快くお仕事をいただきました!
ありがとうございます!!
車両は「トヨタランドクルーザー70の復刻版30周年記念車」です。

トヨタは「良いものを作り続ける」会社という印象がこういった人気のあった車種を現代版にアレンジして
現代に再販をしてくれるところだと思います。
最近では「90系になったスープラ」が印象深いです。
まだ発売はしていませんが必ずその車の「らしさ」を見た目で分かるようにするデザインが個人的には
スバラシイと思います。

この「現代版」ランクルも盗難車の筆頭格に挙げられる大人気車種です。
中東あたりをメインターゲットとして製造していたらしいのですが日本で再販したところ
あまりの人気に輸出の台数を国内の販売台数に当てたぐらいの人気だったそうです。
「現代版」ということもありしっかり鍵には「イモビライザー」が標準装備されています。
「キーレスキー」「スマートキー?」と間違えそうなほど大きめサイズでついています。

しかし鍵に「存在感」は必要と感じます。
昨今「スマートキー」が当たり前のようについてきますが車のオーナーさんの使い方は
それぞれで、「腰にぶら下げたり」「鞄に入れといたり」と常にカギを「差し込んでいた」
時代から比べるとなくしてから気づくまでの時間がかなりかかるようで紛失のお問い合わせを
いただいた際、現地でお客様に「どこらへんで無くなった」かと尋ねると大抵「わからない」と言われます。


無くなった場所がわかればもちろん取りに戻ると思うのですが「どのタイミング」かが
わからないというのがポイントで比較的買い物をしてる最中になくされる方が多いように思います。
「スマートキーの特性上」鍵自体を触ることが少なくなったことで車の「ドアハンドル」に触れるまで気づかない
ので、休日の人であふれている「ショッピングセンター」などでは見つかる確率が極端に減ります。

中古車の需要が大幅に増えて程度のいい車両を購入したまではいいのですが「鍵」がなければ
どんなにいい車でも動かせないことも念頭に置いて、購入する際は「スペアキー」が付いているのかも
これからの車選びのポイントにしてもらいたいと思います。
たまに聞きます「私は鍵なんかなくしたことがない!」と。
大体そんな方が痛い目を見るそうです。
ニッチな部分ではありますがわかっている人たちは必ずそういった細かい部分も購入の「決め手」
にしているそうです。

「ディーラーに出すのが面倒」「費用を抑えたい」と思ったらお気軽にお問い合わせください。
「そんなこともできるの!?」と言ってもらえるようなご提案をさせていただける鍵屋です。

お支払いは現金もしくはクレジットカードも使えます。

24時間・365日受付作業対応可能です。

TEL:080-9874-5069

スマートフォンの方はこちらをタップしてもお電話できます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください